2015.01.10 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『経験値の差』高校サッカー選手権・準決勝 星稜 3対0 日大藤沢

写真:Takahashi Manabu

準々決勝で静岡学園を破り勢いに乗る日大藤沢と、ここまで失点0ながらギリギリの戦いを勝ち抜いてきた前回ファイナリスト星稜。初の埼スタ開催の準決勝で、星稜が日藤に見せた経験値の差とは。(取材・文 篠幸彦)

試合後の記者会見、日大藤沢の佐藤輝勝監督は「試合巧者だった」と、幾度となく口にした。

前半22分、日藤はハンドにより、星稜にPKのチャンスを与えてしまう。

PKはGK鈴木孔明がセーブしたものの、こぼれ球に反応した星稜・前川優太が山なりのボールをゴール前に送ると、日藤・小野寺健也が懸命に触るもオウンゴールとなってしまう。

そこから歯車は狂い出した。

いや、初めから両者には決定的な差があったのかもしれない。

「埼スタという舞台に少し受け身になっていた」

ベンチで戦況を見守っていた日藤キャプテン・吉野敬には、仲間たちの姿がそう見えていた。

一方、星稜の大田賢生が「すんなりと試合に入れた」と語れば、相棒の森山泰希は「緊張というより、やったるぞ、という感じでした」と笑顔で話す。

スタートラインから両者のメンタルは大きく異なっていたのだ。

先制してから13分後、星稜が左サイドをきれいに崩し、流れの中から追加点を決める。

「切り替えろという声はあったんですけど、簡単にやられてしまった」(日大藤沢・吉野)シーンに、佐藤監督は星稜の勝負強さを感じ「試合巧者な部分が見られた」と繰り返した。

星稜は2点をリードしても、前回大会で2点差をひっくり返され優勝を逃した経験から、気持ちのスキを見せることはなかった。

「守備に入ろうという話もあったんですけど『攻めにいこうと、取りにいこう』と言いました」と、前回の決勝に出場した森山はチームの気のゆるみを察知し、守備的になることを許さなかった。

そして前半アディショナルタイム、PKから決定的な3点目が決まる。

終了間際の失点に「3点目でチームのムードが落ちてしまった」(日大藤沢・吉野)と、前半にして勝負の行方は決した雰囲気を漂わせた。

後半、星稜は終盤に攻め込まれる時間を与えながらも、冷静に日藤の攻撃を跳ね返し続けた。

センターバックの鈴木大誠は「あそこで焦ってプレーすると、余計に抜かれてしまう。我慢してじっくり対応して、数的不利なら、遠目であれば打たせてもいいという感じで、ゴール前だけは絶対にやらせないことを意識した」と、苦しい時間帯でも冷静さを失わなかった。

佐藤監督は2度のPKからの失点にも「アンラッキーだったという考えは持っていません」と、両チームに差があったことを認めた。

両者の決定的な差を吉野はこう話した。

「勝者のメンタリティを感じました」

星稜は勝つべくして、勝利を手中に収めたのだ。

そして彼らは「去年の雪辱を晴らす場所」(星稜・鈴木)にたどり着いた。

決勝の相手・前橋育英には、今年度のインターハイ準々決勝で敗れた因縁がある。

第1試合を終えた直後、大田は「(前橋育英に)リベンジしたい」と、因縁の相手と決勝で戦うことを望んでいた。

2年連続のファイナリストとなった星稜は、前回決勝とインターハイ準々決勝という“二つのリベンジ”をかけて、決勝戦に臨む。

 

【星稜対日大藤沢 両監督コメントはコチラ

【星稜対日大藤沢 両チーム選手コメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 8 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 9 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは? 10 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編)