2015.01.10 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『積み重ねが要因です(星稜・木原監督代行)』星稜対日大藤沢 両監督コメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー選手権準決勝 星稜 3対0 日大藤沢 両監督コメント。

星稜 木原力斗監督代行

試合前に全体的に大会を通して、しっかりとした守備からいい攻撃というところを言っていて、ディフェンスラインは下げすぎず、勇気を持ってラインを高く保って守備をすると。前半は相手の攻撃に耐える時間帯が多いのかなと思っていました。その中で前半は0-0という戦いを予想していたんですけど、いい形で得点が入り、チームも1点を取ってから勢いづいて2点、3点と取れたことが大きかったと思います。

――前半からうまくサイドからいい形を作れていたが、事前の指示があったのか。

チームのよさであるサイド攻撃というのは選手たちも意識していましたし、試合の前に具体的にサイドを攻めろというのは言っていないです。けれど、相手の中盤の人数が多いので、そこでボールを引っかけないようにサイドを攻めるということは選手に少し話しました。

――相手の10番の対策は?

具体的にマンマークとかはないんですけど、そこにボールを入れさせないディフェンスをするということ。もしボールが入ったのであれば、10番はドリブルもパスも出せるのでまずは飛び込まない。そこで2対1、3対1を作り出してボールを奪うことを意識させました。意識はしていましたけど、抜かれるシーンもありましたし、彼はすごくいい選手だなと思いました。

――2大会連続決勝ですが、その点については?

一試合、一試合、いろんな困難がありますし、その困難を乗り越えて選手たちの成長が見られているというのは、自分はすごく幸せだなと感じています。選手の中で去年の悔しさを経験している人もいますし、やっぱり新チームになってから日本一になりたいという思いで彼らもやってきているので、最後で当然勝ちにこだわってほしいんですけど、3年生は最後の大会なので自分の思いを前面にぶつけてほしいなと感じています。

――2大会連続で決勝進出できた高校は数限られた学校だけなのですが、星稜がその仲間入りができた要因とはどんなところか。

この大会に入って新しいことはなにもしていません。河﨑監督がずっと言ってきたことを僕たちが継続してやってるだけで、当然今までの積み重ねがあって、去年の結果があったから今年のこの結果につながっていると思うので、僕は今までの星稜の積み重ねが2大会連続で決勝に進めている要因ではないかと感じています。

――杉原啓太を先発させた理由は?

高さ対策として右サイドに身長の高い選手を置いておきたいということもありましたし、彼は左利きで試合には出られなかったんですけど、ずっと準備をしていました。調子がよかったので今回右サイドで使いました。

――今大会でいちばん成長してきたこところは?

試合に出ている子たちだけではなくて、チームのサポートの子たちで今までサポートをしなかった子たちもいるわけで。この大会に入ってやっぱり自分の役割はなにかということを整理して、本当にチームのために、汗かき役として働いている子たちがいる。ベンチに入れなくてスタンドで応援している3年生もいたり。試合に出ている子たちだけではなくて、それぞれの3年生の役割というものを責任もってやってくれているなと思います。

――準々決勝から今日までどんなことを意識して準備してきたか。

やはりトーナメントですので、失点はできない。組織的な守備をしながら攻撃も星稜のよさであるサイド攻撃というところを意識させています。けれど、彼らに言っているのは全国大会に出てくるチームというのはどこも差がないし、うちがもしかしたらいちばん下かもしれないし、その中で戦う気持ちだったり、最後まであきらめない気持ちというのは試合の最後のところで出るぞという話はしました。

 <日大藤沢 佐藤輝勝監督コメントは次ページ>

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事