2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『ニアがいちばん大切』星稜×履正社 両チームコメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー準々決勝 星稜 1対0 履正社 両チームのコメント

星稜 木原力斗監督代行
選手は本当によくやってくれたと思います。試合前は緊張していたので、どうかなと思ったんですけど、プレッシャーによく耐えてくれました。(履正社は)攻撃力のあるチームなので、ボールを回される時間帯が多くなると。ただ、自分たちが攻撃のときは勇気を持って前へ出ていこうという話はしていました。去年の経験が生きていると思います。

 星稜 森山泰希
得点のシーンはよかったけど、それ以外のプレーが全然ダメでした。1試合出られないだけで、試合勘を失ってしまいました。もう1回練習で調整して準決勝に挑みたいと思っています。相手はいいチームなので、難しい試合になると思っていました。賢生と「1点勝負になる。俺たち2人で崩してDFを助けよう」と話していました。それができて、チームに少しは貢献できたんじゃなかと思います。今年のチームは団結力があって、出ている選手だけじゃなくて、スタッフもメンバー外の選手も、全員で戦うという意識を持っています。全員がやるべきことをやった結果だと思います。

星稜 大田賢生
(得点場面は)練習で(森山)泰希と結構やっていました。ワンチャンスは必ずくると思っていたので、それをきっちりと決めることだけに集中していました。クロスの練習でもニアでつぶれろとか、ニアがいちばん大切だと練習からいわれているので、それを意識してプレーしています。去年決勝で負けているので、今年こそ優勝という思いが強いです。

星稜 宮谷大進
今までは相手のDFラインがサイドバック1枚だったんですけど、今日はカバーの選手もいて警戒されていました。そこに戸惑い、持ち味を発揮することができなかった。その中でも抜いていかなくちゃいけないので、準決勝はドリブルで突破していきたいと思っています。監督がいなくても、強い相手に自分たちだけで勝てたことは自信になりますし、次は監督が帰ってくるかもわからないので、チーム一丸となって勝ちたいと思います。

星稜 鈴木大誠
明日が準決勝ならすぐに切り替えてとなると思うんですけど、少し(日程が)空く分、喜ぼうかなと思います。素直に嬉しいです。去年、一昨年とベスト4以上だったので、そこは最低限の目標でした。そういう意味では、先輩たちと肩を並べることができてよかったと思いますし、先輩たちを越えるために明日からやっていこうという気持ちです。(森山が負傷で倒れたときに全員で集まっていたが、どんな話を?)あの時間帯は流れが悪くて、前線の選手に「もっと運動量を増やしてくれ」と言いました。(前線の選手が)止まってボールを受けていたことで、相手が狙いやすいように見えたので、「もっと裏に飛び出したり、フェイントをかけたりして、相手に読まれない動きをしてほしい」と伝えました。森山が倒れたのは不運でしたけど、時間ができた意味では、少しは自分たちに運もあったのかなと思います。

星稜 坂口璃久
もっとピンチがあっていいくらいでしたが、みんなが体を張って頑張ってくれました。相手はセットプレーがいいと聞いていたので、そこはしっかりと集中していました。結構嫌なところに蹴ってこられたけど、冷静に対応できました。準々決勝の戦いがいちばんの山場だと思っていたので、ここで勝つか負けるかで全然違う。この勢いに乗って、優勝を目指したいと思います。

履正社 平野直樹監督
こちらのプランでしたが、フィニッシュの部分に少し不満があります。前半はアタッカーにもっと元気よくやってもらいたかったです。最後のことろで怖がってしまってプレーが雑になってしまったり。自分たちがトレーニングでやってきたことを、信じてもらえたらよかったと思う。(前回大会もベスト8で敗れたが壁を感じるか?)ベスト8の壁があるとは思っていません。見えない壁じゃなくて、明らかな課題はありますから。難しいことではないと思っています。(ベスト8越えに必要なものは)より自信を持ってプレーすること。自分たちがやっていることは間違いない。星稜高校相手でも冷静になってボールを動かせていましたし、チャンスも作れていました。やっていることは、彼らのこれからにつながることだと思っています。

履正社 瀧本寛太
相手に高さがあって長いボールを弾かれていたので苦戦しました。去年はロスタイムで追いつかれて負けたので悔しかったし、今年こそはという思いがあったんですけど、越えられなくて難しいなと思いました。一つ下の代はみんなうまいので、調子に乗らなければ大丈夫だと思います。

 

【星稜対履正社 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事