2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『FWがやっと点を取ってくれてよかった』前橋育英×京都橘 両チームコメント

写真:Ura Masahiro

高校サッカー準々決勝・前橋育英 4対0 京都橘 両チームコメント。

前橋育英 山田耕介監督

FWがやっと点を取ってくれてよかった。トップもサイドもすごくプレスバックをしている点は褒めているが、あとは点を取れと言っていた。向こうがある程度ブロックを敷いてくるのはわかっていた。打開するためにはどうするかとコーチと話をして、カウンターのカウンターになった。GKのキックがいいので、そこから行けたところもあった。

 

前橋育英 渡邉凌磨

本当は(自分も得点を)取りたかったけど、前向きにとらえて、もっともっと大事なところで取ればチームのためになるし、もっと苦しい試合のときに決めてチームを救いたい。あとは、自分が試合を決めるつもりでやっていきたい。

 

京都橘 米澤一成監督

前半15分は耐えようと話をしていたので、あの時間帯(前半8分)に失点をしたのは大きかった。力の差を埋められたかどうかはわからないが、楽に試合を運ばれたかなと思う。前半で山村を交代したのも体調不良。(大会中にインフルエンザで試合から離れた選手もおり)大会が始まる前から悪いコンディションで臨まなければいけないようにしてしまった僕の責任が大きいと思っている。

 

【前橋育英対京都橘 マッチレポートはこちら

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事