2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『FWがやっと点を取ってくれてよかった』前橋育英×京都橘 両チームコメント

写真:Ura Masahiro

高校サッカー準々決勝・前橋育英 4対0 京都橘 両チームコメント。

前橋育英 山田耕介監督

FWがやっと点を取ってくれてよかった。トップもサイドもすごくプレスバックをしている点は褒めているが、あとは点を取れと言っていた。向こうがある程度ブロックを敷いてくるのはわかっていた。打開するためにはどうするかとコーチと話をして、カウンターのカウンターになった。GKのキックがいいので、そこから行けたところもあった。

 

前橋育英 渡邉凌磨

本当は(自分も得点を)取りたかったけど、前向きにとらえて、もっともっと大事なところで取ればチームのためになるし、もっと苦しい試合のときに決めてチームを救いたい。あとは、自分が試合を決めるつもりでやっていきたい。

 

京都橘 米澤一成監督

前半15分は耐えようと話をしていたので、あの時間帯(前半8分)に失点をしたのは大きかった。力の差を埋められたかどうかはわからないが、楽に試合を運ばれたかなと思う。前半で山村を交代したのも体調不良。(大会中にインフルエンザで試合から離れた選手もおり)大会が始まる前から悪いコンディションで臨まなければいけないようにしてしまった僕の責任が大きいと思っている。

 

【前橋育英対京都橘 マッチレポートはこちら

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 8 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?