2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『前橋育英、「第3の男」が来た!』高校サッカー準々決勝 前橋育英4対0 京都橘

写真:Ura Masahiro

前橋育英が4-0で京都橘に完勝した。前半8分に先制すると、その後は前橋育英の一方的なペースとなる。後半も右サイドのストロングポイントとなっている、MF坂元達裕が突破からゴールを決め、強さを見せつけた。(取材・文 平野貴也)

後半30分、前橋育英の「第3の男」がキレのあるドリブルシュートを鮮やかに流し込んだ。右MF坂元達裕が右サイドでドリブルを開始すると、スルスルと相手をかわしながら中央へ入り込み、左足でゴールのニアサイドへ計ったようなシュートを決めたのだ。直前にも似たようなカットインを仕掛けた場面があったが、クロスバーの上へ外してしまった。強気に繰り返すあたりに、自信がうかがえた。
 

坂元は「最初のシュートはファーを狙って外してしまったけど、自分はニアが得意なので、次はニアを狙おうと思って(マークについた)相手の股が空いたので狙って打った」と会心の一発を振り返った。
 

もともと今季の前橋育英は、右サイドの坂元の突破を一つのストロングポイントとしている。しかし、チームには年代別日本代表を経験している渡邉凌磨、鈴木徳真という2人の注目選手がいるため、坂元はあくまで「第3の男」扱いになってしまう。
 

「2人が代表で注目をされるのは、当たり前。その陰というか、2人の活躍に負けないようにいいプレーができるように頑張りたいと思っている」と控え目ながらも、対抗心を胸に秘めて自身を磨いてきた。その価値を証明するようなゴールだったと言える。
 

前日には、エースの渡邉凌磨、この日2得点の青柳燎汰らと食事中に騒ぎ過ぎて、山田耕介監督から叱られた。「今日は、怒られた僕たち3人でアシストと点を決めることができて良かったです」と坂元は笑顔を見せた。
 

小学2年生のときに祖父から贈られたボールがきっかけでサッカーを始めた坂元は、FC東京U-15むさしで中学時代を過ごしたが、ユース昇格は見送られた。当時は裏抜けを得意とするFWだったが、前橋育英のタイガージャージを身につけるようになったばかりの1年時、北村仁コーチの下でプレーの幅を広げてきた。坂元は「周りを見てドリブルやパスをできるようになって、プレースタイルが変わった。絶対に優勝して、ここに来てよかったと思える結果にしたい」と成長の手ごたえを話した。

  

前橋育英は、初戦の2回戦で初芝橋本(和歌山)に苦戦を強いられ、セットプレーの一発で辛勝。3回戦は、山梨学院大付(山梨)の堅守に手を焼き、PK戦でどうにか勝ち抜いた。3試合目にして京都橘(京都)を相手に4-0と圧勝し、ようやく力を出してきた印象だ。
 

坂元の「前回の試合も、自分たちのサッカーが全然できていなくて、迷ったりしていたが、今回は自分たちの得意なプレーができて勝つことができたのでよかった。今日は試合前に、もっといつもどおりに楽しんでやろうとみんなで話した。中でパスをつなげてリズムもよかった。いつもどおり、中で細かいパスをつなげば崩せると思った」という話も、チーム全体の調子が上向いていることをうかがわせる。    
 

チームとしては4度も敗れている準決勝を乗り越え、初の決勝進出へつなげたい。そのためには、前橋育英の「第3の男」の輝きが欠かせない。

 

【前橋育英対京都橘 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事