2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『よく試合を戻してくれた』日大藤沢×静岡学園 両チームコメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー準々決勝 日大藤沢対静岡学園 両チームのコメント

日大藤沢 佐藤輝勝監督

思った以上に、静岡学園がロングボールからのドリブルやパスを見せてリズムを作ってきました。自分たちが相手だと、もっとボールをつないでくるかなと読んでいたので「受け身にならないように試合に入ろう」と話していたのですが、受けてしまいました。後半は「受け身にならないように強気で行って、試合をフィフティーに戻そう」といいました。(後半は)体調不良から戻ってきた今井の出番だということで、3年生を送り出しました。よく試合をフィフティーに戻してくれたと思います。

日大藤沢 今井裕太

(得点のシーン)ディエゴは自分が見えていなかったと思います。多分、自分でいこうとしていたと思います。パスが出てきてもいいように走りこんでいたらパスが出てきたので、シュートは普通に打ちました。久しぶりの試合で、今日は得点のシーン以外何もできませんでした。次までにはもう少しコンディションを上げて、プレーの方もよくしたいと思います。

静岡学園 川口修監督

得点が欲しいばかりに、焦って中へと入ってしまいました。もう少しサイドに振れれば自分たちの特徴を出せたのかなと思います。やはり焦ってしまうと、ゴールに直結するプレーが増えてしまいます。そこはもっとゆとりを持って、サイドに振りながら幅を使っていけば、もっと違う攻撃ができたのかなと思います。交代で流れを変えようというのはあったのですが、膠着状態だったので、なかなか(カードを)切ることができませんでした。今思えば、思い切ってやっておけばよかったなと思います。(同点になる直前に)交代を用意していたのですが、追いついたことで止めてしまった。そこで変えて、もう1回流れを変えてもよかったなと思います。あれは非常に難しい判断でした。

 静岡学園 石渡旭

みんなともっとサッカーをやりたかったです。今は本当にそれだけです。いつものプレスが思うようにかからずに、相手の思うようにやられてしまいました。1年間通して、セットプレーは弱かったなと思います。最後まで改善ができませんでした。本当に悔しいです。

 

【日大藤沢対静岡学園 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事