2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『よく走りましたね(流経大柏・本田監督)』流経大柏×立正大淞南 両チームコメント

写真:Ura Masahiro

高校サッカー準々決勝・流経大柏 3対0 立正大淞南両チームコメント。

流経大柏 本田裕一郎監督

よく走りましたね。寄せもいつものうちらしく、速い寄せができました。立正大淞南も速いんですけど、その上を行けたかなと思います。この大会に入って、ずっと寄せばかり言っていました。奪ってからの攻撃の仕方は、たくさん問題があるんですけど。昨日、本当は完全休養にしようと思っていたら、選手たちに練習をしたいと言われたので、そこでセットプレーをやって、その形が今日出たという感じです。

 

流経大柏 久保和己

応援してくれる人や、1回戦でケガをしてしまった鳥井(翔太)は中学時代からのチームメイトでもあるんで、あいつのためにも走らなければいけないと思いました。2-0になった場面は、僕はシュートを打ったんですけど、それが山田に当たってしまいました(笑)。でもそれがゴールになってよかったです。自分で決めたかったですね。

 

流経大柏 澤田篤樹

昨日から気合いが入っていましたし、集中力が切れなかったので、今日は無失点に抑えることができたと思います。立正大淞南も同じスタイルのチームなので、まずはプレッシャーで負けないこと、速さで負けないこと、セカンドボールを全部拾うこと、競り合いに絶対に勝つことを意識していたので、今日は3-0という結果につながったと思います。

 

立正大淞南 南健司監督

相手の速い寄せに、いつもの攻撃的なスタイルに持ち込めなかったのが敗因だと思います。ただ、退場者が出て10人になっても、あきらめないというのは難しいと思うんです。10人で0-3になったら逆転不可能というのは、選手もわかると思います。そこでやり切ったのはすごかったと思いますし、普通はあそこで「負けたな」とみなさんも思ったと思うんです。それでもやり切ったのは難しいと思うんですけど、そこはよくやったと思います。

 

立正大淞南 宮森信吾

今まで3年間、同じ練習をやってきて、それをピッチの上で出せたのはよかったと思います。後輩にも高い目標を持って、僕らが成し遂げられなかった日本一を成し遂げてほしいと思います。僕たちに何が足りなかったかを見つけ出して、それを生かしてほしいと思います。

 

【流経大柏対立正大淞南 マッチレポートはこちら

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事