2015.01.05 Mon

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『ついにプレスが機能』高校サッカー準々決勝 流経大柏 3対0 立正大淞南

写真:Ura Masahiro

前半、2本のセットプレーで2点をリードした流通経済大柏は、前線からの鋭いプレスと素早い囲い込みが機能して立正大淞南に付け入るスキを与えなかった。後半21分にも加点し、3-0の快勝でベスト4進出。抜群の存在感を示したダブルボランチが、試合のカギになった。(取材・文 鈴木潤)

ここまで苦戦を強いられながら勝ち上がってきた流経大柏が、相手をねじ伏せるかのような力強い戦い方で快勝を飾った。

とにかくこの試合で際立っていたのは流経大柏の前線からのハイプレスと、ルーズボールに対する反応の素早さだった。高沢優也、渋谷峻二郎、久保和己といった攻撃陣が果敢に前線からプレスを仕掛け、その寄せの速さによって立正大淞南が逃げる形で前にボールを蹴る。すると今度はそのルーズボールに澤田篤樹、浅沼拓己がチャレンジし、球際の競り合いを制してマイボールにする。

「相手は同じスタイルだったので、プレッシャーで負けないこと、速さで負けないこと、セカンドボールを全部拾うこと、競り合いに勝つことを意識していたので、今日は3-0で勝てたと思います」(澤田)

直接ゴールに関わるようなプレーではないが、この試合を優位に進める上で、澤田と浅沼のダブルボランチは抜群の存在感を発揮していた。

ところが実はこの澤田、自分での評価は「僕は守備が下手だと思っています」と話している。中学時代までは全く守備をしない選手で、「流経大柏に入ってから守備の仕方を覚えた」と澤田は明かす。

「守備が下手なので、恐れないでガッツリと奪いにいく。『体当たりをしてプレスに行く』というイメージですけど、そこでファウルをすると相手にチャンスを与えてしまうので、そこはノーファウルで奪いきることを心掛けています」(澤田)

その流経大柏の中盤の守備によって、間違いなく立正大淞南はリズムを狂わされた。立正大淞南の南健司監督も「FWと中盤の選手のスライディングの技術が高い。そこでノーファウルでボールを奪える」と、この試合の勝敗を左右したポイントが中盤での守備と奪いきる力にあったことを挙げている。

「澤田は攻撃のセンスがあって、体も利くので、攻守両面で活躍してくれます。浅沼は周りから見たら目立たないと思うんですけど、セカンドボールへの出足が速い。だいたいのボールをあいつが拾ってくれるので、押し込まれずに済みますし、うちが2次攻撃できるようになります」

キャプテンの広滝直矢は、2人の戦術的意義をそう説明し、準決勝で当たる前橋育英の強烈な攻撃陣との対じを前に「次もディフェンスラインで前に落とせば、2人がセカンドボールを拾ってくれると思うので、そうやって戦いたいと思います」とイメージを膨らませた。

得意のハイプレスが機能し、ようやく額面通りの実力を発揮した流経大柏。7年ぶり2度目の全国制覇への道が、いよいよ開けてきた。

 

【流経大柏対立正大淞南 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 2 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(1) 3 小学生でも簡単! 選手と保護者、コーチがスマホで体調を共有する取り組み「ペアコチ」とは? 4 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法。ジュビロへの想い(後編) 5 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法とは?(前編) 6 「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー 7 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 8 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 9 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(2) 10 サッカーは戦術だ!と言っていた村松尚登さんが、なぜいまコーンドリブル等の反復練習をしているのか?