2015.01.04 Sun

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『嬉しすぎて大声を出すしかなかった』履正社×中津東 両チームコメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー3回戦 履正社 5対1 中津東 両チームのコメント

履正社 平野直樹監督
5点入りましたが、それよりも前回の試合で、ボールの球際などのところで「戦う」というのが出せなかったのが、今日は少しは出せるようになったことが一つ非常によかったと思います。相手のDFがマンツーマンでしっかりついて、そこの1対1で負けないことをシンプルにやられたので、うちの選手たちが最初戸惑い気味のところがあったのですが、想定内のことではあったので、だんだん慣れてきてからは対応できたと思います。

今後の課題は、DFラインが少し下がってしまって、トップに簡単に前を向かせてしまった。もっとコンパクトにやらなければいけないし、ボールを持たせてからの守備ではなくて、攻守の切り替わった後すぐに回収して自分たちのボールの時間を長くして、チャンスを多くしてということをやりたいのですが、ちょっと雑なゲームになっていますね。瀧本を入れてターゲットに蹴るのも大事なことですが、そこも生かしつつ、使うと見せかけてコンビネーションやサイドチェンジ、スペースを使うこともできればいいなと思っています。ただ、結果は出ているので悪いとはいいません。

去年、ここで母校の四中高(四日市中央)とやって悔しい思いもしました。僕は星稜でもコーチをしていたことがあったので、その意味で、次の試合はいつも以上に大切にしたいゲームです。

履正社 林大地
ゴールを決めた瞬間は、嬉しすぎて大声を出すしかありませんでした。自分は綺麗なプレーができないので、泥臭く狙った結果が出てよかったと思います。2点目も、泥臭く自分を表現できたと思います。(ヘディングでの2得点について)頭が特別苦手というわけではないですが、ゴール前にはとにかく飛びこんでいくのは意識しています。飛びこんでいけば、自分が決められなくても何かアクシデントが起こって、味方が決めてくれることもあるので、味方を信じて走れと平野先生にはよくいわれていました。それを今日も意識して臨みました。

履正社 瀧本高志
自分は途中から入ったので、準備の段階で1点負けていたのですが、出る直前に追いついたので「自分が入って追いつかないといけない」という緊張はほぐれました。おかげで、入ってからは自分のプレーはできたと思います。そこから逆転できたのはよかったですが、点に絡めなかったのでFWとしてそこがいちばん悔しいです。

自分は履正社が基本とするパスサッカーというタイプではなく、裏にたくさんボールを蹴ってくれたほうがやりやすいので、僕が入ることで戦い方はけっこう変わると思います。その部分で戦い方の変化が、今日はうまくいったから勝てたのかなと思います。

中津東 松田雄一監督
前半はすごくいいゲームで、プラン通りの形で先制点が取れて、相手も焦っていた状況が見受けられました。しいていえば1-0で折り返すとスムーズな後半になったかなと思うのですが、セットプレーやロングスローなど、パワープレーで崩された。その甘さから失点し、1-1で折り返すことになりました。後半、「もう1回同じようなシステムでしっかりやろう」という話を生徒たちとしたのですが、また立ち上がりに失点を許してしまった。前半終了間際の追いつかれた部分、後半の入りの部分でコントロールを乱したところが敗因だったと思います。

今回のチームが立てた目標は『1回戦突破』でした。すごく強い青森山田と戦い、マンマークで行きながらPKではありましたけど、粘り強く勝てた部分もありますし、3試合やり、全試合で得点が取れました。今までは0で終わっていたのが、こうして点を重ねられるようになったところも、さらに伸ばしていきたいです。ただ今日、履正社と試合をすることによって、もっともっと強くないと、これから先の戦いに勝って上にいくには足りないなと痛感しました。チームのマンツーマンとか組織以外にも、もっと個の力、テクニックと身体能力の高い選手を磨かないといけないと感じました。

中津東 山本隼斗
先制できた部分、自分が得点に絡めたことはよかったですが、チームが苦しいときに決められなかったので、今日の敗因は自分だと思います。選手権は小さいころから夢見てきた場所で、3年連続で立てたことはすごく嬉しいのですが、今大会1回も点が取れてないですし、チームに何もできていないので悔いが残っているというか後悔ばかり。でも自分を成長させてくれたこの大会に感謝して、大学でもレベルアップしていきたいです。正直、チームとしてもっと上に行けた、もっとやれたという気持ちが大きいです。青森山田に勝てましたし、昨日も郡山高校に勝てたので、チームメートに感謝しています。後輩には今日通用しなかった部分も、1年間かけて突き詰めていけば、また来年必ず結果が残ると思うので、しっかり頑張ってほしいと思います。

 

【履正社対中津東 マッチレポートはコチラ

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事