2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『満足はしていない』星稜×米子北 星稜コメント

写真:Kishiku Torao

高校サッカー3回戦 星稜対米子北 星稜コメント

星稜 木原力斗監督代行(コーチ)
相手のカウンターや粘り強い守備に、後半は苦しい時間が続いたが、選手はよくしのいでくれた。80分以内に勝ちたかったので、大田のゴールは大きかった。米子北は夏のインターハイで5—1で勝ったチームだが、今回は全然違うチームだった。球際も激しく攻められ、FW定本やMF君垣は手強かった。3年連続ベスト8以上だが満足はしていない。次も点を取り、勝ちにいく。

 

星稜 中篠直哉
(スタメンで)今大会初出場ということで、独特の雰囲気を味わうことができ、楽しかった。今日はセカンドボールを拾ってシュートを撃つことを意識してプレーした。(出場停止の)森山からは試合前に「自信をもって。得点を」と頼まれていた。次はゴールを決めるプレーに貢献したい

星稜 鈴木大誠
相手の猛攻に苦しむ時間もあったが、勝ててよかった。今日はチームとして「森山のために」と力が入っていた。次も難しい試合になると思うが、少しでも失点を少なくして、優勝できるようがんばりたい。

 

【星稜対米子北 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事