2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『10番にやられてしまった』日大藤沢×開志学園JSC 両チームコメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー3回戦・日大藤沢 3対0 開志学園JSC 両チームコメント。

日大藤沢 佐藤輝勝監督

チーム一丸となって挑んだ試合でした。(攻撃は)今日は誰が得点を取ったとかではなく、(守備は)粘り強く対処してくれました。この1日でパッと言ったことに対してアクションを起こせるようになったことは、前半に現れていたと思います。私が7年前に就任した際、当時の卒業生に「私も日本一になるから、君たちも社会に出て、何か一つ日本一を目指しなさい」と言いました。そのチャンスが来ていると思うので、選手たちと約束した日本一を狙っていきたいと思います。

 日大藤沢 佐藤拓

次の試合も勝って次につなげていきたいです。昨日ゴールを決めたのですが、得点を取っている3年生の(田場)ディエゴ君や(中村)恒貴君に付いてきたいと思っています。自分は2年生ですが、自分が得点を取って勝ちたいと思いますし、今日は得点が取れてよかったです。

 日大藤沢 田場ディエゴ

(次の静岡学園戦では)仕掛ける部分は仕掛けて勝ちにいきたいと思います。ただ、すべて仕掛けていくのではなく、周りを使えるところは使っていければと思います。

 開志学園JSC 宮本文博監督

前半がもったいなかったと思います。2点目までは、取られても策はあるかなと思っていましたが、前半の最後に得点を入れられたのが痛かったです。相手の10番(田場ディエゴ)に思った以上にやられてしまいました。

【日大藤沢対開志学園JSC マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事