2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『無失点を目標とした』高校サッカー3回戦 京都橘対国学院久我山コメント

写真:STRIKER DX

高校サッカー選手権 3回戦 京都橘 0(3PK1)0 国学院久我山 両チームコメント

京都橘 米澤一成監督

相手の技術的な高さや、うちのコンディションを考えると、現実的に戦わないといけないと思って、PK戦狙いではないんですけど、こういうゲームにせざるを得ないという判断で臨みました。シュートを打たせないという最後のところで、うまく体を寄せてくれていたと思います。(インフルエンザで出られなかった5人のためにというモチベーションもあったのか?)今日の試合のモチベーションはそこだったと思います。ここを乗り切ったら、今日来ていない5人が復帰できるチャンスがあります。

京都橘 矢田貝壮貴
まずは無失点を目標として、DFラインに自分がコーチングをして裏のケアや、ロングシュートへの対応を心がけていました。相手の右サイド・14番が中に切れ込んできてパスを出したり、縦に抜けるプレーと、相手の右サイドバックからこちらの右サイドバックの裏にいいボールが入ってきていたので怖かったです。今日、インルフエンザで出れなかった人たちが、次に出られるようにつなげられたというのは良かった。(準決勝は国立競技場ではなく埼玉スタジアムだが)舞台が変わっても目指すのは頂点なので、そこは変わらないと思っています。

京都橘 志知大輝
前半はプラン通りで0で抑えて、攻撃面は少し遅かったですけど、まあまあの入り方で前半を終えられました。後半はもうちょっと攻撃のスピードアップをしたかったんですけど、疲労もあって運動量が落ちてしまった。そこは次の課題だと思います。もっと早い攻撃をしてゴールにつなげたいなと思います。次は前育と決まって、インターハイで0-4と大敗して悔しい思いをしているので、次こそは絶対に勝って埼スタにいけるようにしたいです。

国学院久我山 李済華監督
昨日PK戦を勝たせてもらったので、今日負けたら一勝一敗。時の運が一つ、昨日は私たちに向いてくれたので、今日の試合ができた。今日もたくさん応援してくれる人たちがいて、今日もう一試合できたということでよかったです。昨日負けたら今日はなかったので。守備陣にはこれ以上望むことはありません。0点に抑えたこともそうだし、ファイトもあったし、ボールのコントロールもよかったし、前にボールを預けるキックの長短も、守備陣に関しては言うことはありません。(監督として最後の大会だったが)私はいつか久我山が優勝すると思っています。どこかのタイミングで優勝する時が来ると信じていますので、次の若い指導者が、入って来る若い子たちが、必ず実現するものだと思っています。

国学院久我山 鴻巣良真
0で抑えられたことは、守備陣からすれば満足ではないですが良かったと思います。点が取れずにPK戦になってしまったことが敗因だと思います。

国学院久我山 内藤健太
内容的には今までで一番良かったと思います。あとはフィニッシュ。シュートまで全然持っていけなかったので、最後のアイデアやシュートの精度が足りなかったかなと思います。最後に久我山らしいサッカーで終われたので、悔いはないです。

 

【京都橘 対 国学院久我山 マッチレポートはコチラ

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事