2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『守備陣に申し訳ない(東福岡・中島)』静岡学園×東福岡 両チームコメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー3回戦・静岡学園 3対0 東福岡 両チームコメント。

静岡学園 川口修監督

今日の勝利は、今年のテーマである泥臭く守備から入り、けして美しいゲームではなかったですけど、うちらしく今年できるサッカーをやったからだと思います。本当に(相手は)王者で我々とはスタイルも違います。なので、我々のよさを出すことを考えていましたし、向こうのよさを消していくというゲームはできたのではないかなと思います。

 

静岡学園 山ノ井拓己

結構、自分は準備万端だったので、(東福岡に対し)びっくりすることはなかったです。(餅山に放たれた)シュートは危ないなと感じましたが。初戦とかは緊張しましたが、2試合目だったので緊張することなく試合に臨めました。

 

東福岡 森重潤也監督

前半の途中こそ(中島)賢星がシュートを打って、(増山)朝陽が(こぼれ球に対して)シュートを打っていくことがあったので、それが続けて出せればよかった。ただ、相手のプレッシャーもあったので、彼らにとって(そこが)思った以上に速かったのかなと思います。自分たちのスタイルに持っていけなかったというところで、力の差が出たのかなと感じます。

 

東福岡・中島賢星

(相手は)1人1人の技術がしっかりとしていたので、負けてもおかしくなかった相手だと思います。後ろがしっかり守ってくれていたのですが、前線がそれに応えることができなかった。守備陣に申し訳ないと思います。

 【静岡学園対東福岡 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事