2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『意地を見せてくれた』高校サッカー3回戦 流経大柏×水橋コメント

写真:Koga Yosuke

高校サッカー3回戦 流経大柏 1対0 水橋 両チームのコメント

流経大柏 本田裕一郎監督

もうちょっと代わりに出した選手がやってくれるかと思ったんですが…。彼らは初出場だったのもあって、普段はもっといいんですけど力が出ませんでした。メンバーを落としたわけではないんですけど、小川と久保はケガがあったので大事を取って先発を外しました。痛みよりも試合の内容があまりよくなかったので、痛みも吹き飛んだんじゃないでしょうか。試合に出て、それなりに意地を見せてくれたんじゃないかと思います。今日は80分で勝てたことよりも、初めて0で勝てたのが大きかったですね。失点が多かったですから。

 

流経大柏 小川諒也

相手は高さがなかったので、CKやセットプレーはチャンスだと思っていました。セットプレーからいい時間に点を取れてよかったと思います。0-0でも焦りはなかったです。ずっとうちの流れだったので、いずれ点は入るという感じはしていました。後半は、競り合いはうちの方が相手より強かったので、監督からはどんどんクロスを入れていけとの指示でした。左サイドからの突破とクロスは意識していました。

 

流経大柏 高沢優也

前半にチャンスが2、3本あったんですが、それを決め切れませんでした。それを決めていればもっと楽な試合展開にできたと思います。でも勝つことが全てなので、勝つことができてよかったです。

 

水橋 上田裕次監督

選手たちを頼もしく感じて、誇りに思っています。見ている方々に何かが伝わるプレーをしてくれたと思います。ただ、結果がついてこなかったのは、僕の力不足だと感じています。選手はよくやってくれました。全国大会に向けての事前合宿から、長いボールへの対応、高い個人技の選手に対してチームで守ることに関してはできていたと思います。そのあと自分たちが相手ゴールを目指すというところでは、もっと工夫するところや状況判断などができたら、もう少しチャンスが作れたかなと思います。

 

水橋 吉松和貴

前半にはチャンスがあったので、可能性を感じていました。流経大柏とやれて楽しかった思いがありますし、何もできなかった悔しい思いもありますけど、自分としては楽しかったです。自分が前線で負けたらダメだと思っていたので、体を張ってなんとかしようと思っていましたが、なかなかうまくいきませんでした。

 

 

【流経大柏対水橋 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事